福岡市東区箱崎貝塚|(平日)15:00 - 21:30 (長期休業中):9:00 - 18:00

3年生は実力テストでした。

BLOG
2018.11.02
ブログ
▼この記事をシェアする

昨日は3年生は学校での実力テストが行われました。
このテストは私立を決める大切なテスト。
公立を決める参考資料になるので、点数が必要です。
ただ、実力テストが終わってから子供たちは伸びていくので、現地点では・・・
という気持ちで結果を待ちたいと思います。

とは言え、今年は我子も受験生。
彼女は公立の推薦入試を希望しているので結果を気にして、
ちょっと緊張気味です。

夏の3者面談では
「あと10点伸ばせるように頑張ります!」とオトボケなことを言っていましたが・・・
さてさて、どうなることやら。

どんなテストでも受けたら必ず今までの振り返りと今後の計画の見直しをしましょう。
点数だけで一喜一憂したい気持ちも分かりますが、
落ち込んだところで・・・
何も変わりません。
変えるならば、「この先」を変えるしかありません。

受験直前になると、暗記科目に全力投球をしますが
まだまだ、英語や数学など基礎の積み重ねを大切にする科目をおさえていきます。
数学なら計算は完璧か?
公立入試では計算問題が22点あるので、ここだけは満点を狙って欲しいところです。
何度も計算練習をしましょう。
これは私立入試でも同じですね。
計算だけは速く正しく出来る様に訓練しましょう。
計算は「筋トレ」と同じで鍛えれば鍛えるほど強くなれます。

英語はまだまだ基礎文法をおさえていきましょう。
特に不定詞、動名詞が取れずに苦戦している様に日々感じています。
同じ形で意味が変わるげな・・・マジ無理・・・
と嘆いている生徒が多いですね><
これも訓練ですね。
どんどん問題に当たって、「そうだった!」と思い出す経験を増やしていきましょう。
「あれ、何だっけ?」っと思い出そうとすればするほど、脳みそが
「これは大事だぞ~~」と認識して覚えてくれます。
短期記憶から長期記憶に変えていくためにも「出力」を大切に☆

▼この記事をシェアする

ブログアイコンその他のブログ